石原慎太郎元東京都知事!証人喚問で「ひらがな忘れた」発言!!

石原慎太郎 元東京都知事

出典:Woder Bridgeより

元東京都知事の石原慎太郎氏が証人喚問で、まず役職を「作家であります」と自己紹介し、「2年ほど前に脳梗塞を患いまして。いまだに後遺症に悩んでおりますけど、左腕が使えませんで、字が書けませんし、絵も描けません」「私は全ての字を忘れました。ひらがなさえ忘れました」と、衝撃の発言をしました。

スポンサーリンク

証人喚問とは

日商岩井海部副社長 手が震えて宣言書に著名できない。

出典:よんななニュースより

裁判所や国の機関などが、事実を問いただすために証人を呼び出すことです。証人喚問に呼び出されると嘘の発言が許されないのです。嘘をつくと偽証罪に問われます。そのため証人喚問に立たされた人は、凄いプレッシャーのなか発言を求められるのです。

有名なのがダグラス・グラマン事件の国会証人喚問で、日商岩井海部副社長が「書けない・・・書けない・・・」と宣誓書にサインできなかったことがありました。もう一つロッキード事件で件国際興業社主だった小佐野賢治氏の「記憶にございません」も有名で流行語にもなりましたね。

作家なのに「ひらがな忘れた!」

フジテレビ系ニュース番組「とくダネ!」でこの問題をとりあげたさい、小倉智昭キャスターが驚き、番組でこうコメントした。
「作家ですとはっきりおっしゃって、しかし、病気のせいで、ひらがなを含む文字は忘れてしまいましたとおっしゃったので驚きましたけどね」

当の石原慎太郎元東京都知事は証人喚問でこう答えている。
「物書きですから、ワードプロセッサーを使って、書いてますけど、そういう点で記憶を引き出そうとしても、思い出せないことが多々あるのを、ご容赦下さい」

何なんですかね?

証人喚問では、真実を言わないといけないけど言ったら自分の都合が悪くなる!

でも何か発言しなきゃならない!

そうだ!記憶を無くそう!!

こうなってしまうと考えられます。
みんなのコメントも見てみましょう。

みんなのコメント

名無しさん 2017/03/21 10:10
忘れた部分もあるかもしれないけど
見苦しいよ。
名無しさん 2017/03/21 20:59
脳梗塞で、ひらがなを忘れるってこと、あるのかな?
ひらがなを忘れるくらいひどい状況であれば、百条委員会であの様な発言はできなかったと思うし、家を出るときに「学のない君らにはわからないだろうな」的な発言もできなかったと思うよ。
要するに、このJJI「脳梗塞の後遺症」とか言えば、何でも許されると思っているんだろろうな。何か、人間として許せないわ。
名無しさん 2017/03/21 21:08
そう言うのは勝手だけど、それなら医師の診断書を提出すべきだろうね。
最初から甘ったれているというか、都民を愚弄している。
名無しさん 2017/03/21 21:25
どこで入れ知恵されたんだろうね。
脳梗塞後後遺症でも、ひらがなを忘れましたなんて嘘つきは初めて見たわ。
病気の方が勘違いされるわ!
名無しさん 2017/03/21 21:37
単なる脳みその劇的な老化、もしくは認知症。
自分を正当化してるだけ。
「老害」という言葉の意味、初めて実感したわw
名無しさん 2017/03/21 21:52
患者で脳梗塞でひらがな忘れたというのは見たことない
老醜もここまで来ると鬼畜なり!!
名無しさん 2017/03/21 22:06
“小池マジック”にまんまと引っ掛り、単純に石原氏を悪人と決めつけ、その病状すら否定しようとする風潮が怖いです。
名無しさん 2017/03/21 10:07
海馬とか言ってる時点で
嫌な予感はしたけど
ここまでとは
名無しさん 2017/03/21 10:12
嫌なことは、忘れたかったかも。
でも、メモ用紙を手にして見てるようにも感じたけど、違う?
名無しさん 2017/03/21 10:21
良純がどんどん仕事やりづらくなってる気が…w
名無しさん 2017/03/21 10:08
これも都合が悪くなると
ボケた振りをする作戦じゃないのかな。
名無しさん 2017/03/21 10:43
やっぱり、三島由紀夫とは器が全然違ったな。
作家としても、男としても。
名無しさん 2017/03/21 10:08
これでもし字が読めたら偽証罪?
名無しさん 2017/03/21 10:09
今までが今までだから
信用できるわけがない
名無しさん 2017/03/21 10:13
石原節は健在だったが、果たしてどこまでが本当なんだろう?都合が悪い事は記憶にないじゃまともな話はできないね。
名無しさん 2017/03/21 10:07
至って残念でした………
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク