とれこめネット

いま話題になってるトレンドニュースや人気商品を集めた情報発信サイト

石田三成より宇喜多秀家が関ケ原の首謀者?西軍の主力を率いて戦う!

出典:NHK歴史秘話ヒストリアより

 

宇喜多秀家 関ヶ原 宇喜多秀家 関ヶ原 宇喜多秀家 関ヶ原
関ケ原の戦いでは、宇喜多秀家が西軍側の首謀者だったかもしれない。
当時の人達は、[徳川家康 vs 石田三成]ではなく、[徳川家康 vs 宇喜多秀家]の図式として考えていた可能性があります。

宇喜多秀家は西軍の副大将として石田三成(大将)とともに西軍の主力となって、関ケ原の戦いに参戦していた。
副大将としての宇喜多秀家であったが、17000を率い西軍最大の戦力をもって関ケ原の戦いに挑み、東軍の福島正則隊と激戦を繰り広げていた。
この事実から西軍の主力であり、反徳川の中心的人物だったかもしれないですね。

宇喜多秀家 関ヶ原の戦い

朝鮮出兵では大将、関ヶ原の戦いでは副将として参戦し、豊臣方の一員として 重要な役割を担っています。宇喜多秀家が秀吉お気に入りだった理由を母や 妻などから検証 一見華やかに見える秀家の戦歴です。

 

宇喜多秀家 関ヶ原の戦い

「関ヶ原の戦い」があったのは戦国時代の終わり頃で、「織田信長」や「豊臣 秀吉」、「武田信玄」や「上杉謙信」などの戦国時代の … 宇喜多秀家 の前に 小早川隆景 という人が五大老になっていましたが、秀吉より先に死んでいるので省いています。

 

宇喜多秀家 関ヶ原の戦い

備前宰相と呼ばれた宇喜多秀家。父は梟雄と称された宇喜多直家。母・円融院は秀吉 の側室的存在であったとの説があります。秀吉の寵愛を受けて猶子となった。秀吉より「 秀」の字を与えられ、秀家と名乗る。正室は秀吉の養女である。

 

スポンサーリンク

宇喜多秀家 関ヶ原の戦い

関ヶ原の合戦の本戦における宇喜多秀家隊の強さのこと 関ヶ原の合戦の本戦において 、福島正則隊をいくどか押し返すなど、宇喜多秀家隊が強かった事情を、・五段構えの 総勢17000の兵を擁したこと・8000の兵を動かして先鋒をつとめた。

 

宇喜多秀家 関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い後『徳川家康は何故、宇喜多秀家公を八丈島へ島流しにした』のですか!? いくら敵対していたとは言え、例えば『秀家公と同じ西軍にいた立花宗茂みたいに猶予を 与え大名へ返り咲き』させる事を考えなかったのでしょうか。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top